Google Matt Cutts「SEOに未来はある」

グーグルのエンジニア・マット・カッツ氏が「SEOは5年後も存在するか?」との問いに対する回答をした。彼の答えは「YES」だ。


公開日時:2009年04月28日 12:34

Google Webmaster Central Channelにて米GoogleのMatt Cutts氏が"Will SEO still exist in 5 years?"(SEOに未来はあるか?)という質問に対する回答を行った。


Matt Cutts氏はこの質問に対して「YES(存在する)」と答えた。同氏はSEOをレジュメを磨き上げることにたとえ、SEOとはウェブサイトをより多くの人に閲覧してもらうための施策だと説明した。SEOスターターガイドなど、SEOに価値がないと思っていたら作成して配布したりせず、SEOはスパムではなく、ホワイトハット(※検索会社、利用者、サイト運営者皆の利益になる手法)なSEOは数多く存在すると述べた。

cf.
Google Matt Cutts 講演「What Google Knows About Spam」 - Web 2.0 Expo :: SEM R

Google は SEO についてどう考えているか? :: SEO FAQ

ファインダビリティ(Findability)/ビジビリティ(Visibility)

#
発信したコンテンツの検索性を高め、探しやすくする(findable)ことで、検索エンジンを通じてユーザが必要な情報を容易に得られるようにする施策がSEO。というSEOの本来の機能を踏まえた上で自分が運営するサイトでどう活用できるかを考えていく必要があります。

・・・と、私がSEOを学んでいた(1997~2001年頃)は、米国のどの専門家の方もうるさいくらいに繰り返し上記の基本的な考え方を説いていたものです。が、今日日本でSEO学ぼうとすると、なぜか変な小手先テクニックから入ろうとする人が少なくなく、生産性の低いスパム的なものに走ってしまいます。比較的著名な方でも、ことSEOに関しては意味不明な発言する人も見かけるのは残念な話。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。