SEO :一度に100ページ以上を公開しても問題なし Google Matt Cutts

マットカッツによるSEO FAQ。コンテンツを一度に何万ページ追加してもコンテンツの品質が伴っていれば問題なし。急増した場合は目視確認が入る場合あり。


公開日時:2009年05月25日 11:23

1日に数百、数千、数万ページを一気に登録したら、Googleはそのサイトがスパムとみなす可能性があるのか?それとも問題がないのか。Google Matt Cutts氏がこの質問に対する回答をYouTubeの動画で行った。


"If you have a lot of blog content for a new section of a site (100+ pages), is it best to release it over a period of time or is it fine to just unleash 100 pages ?"

2005年に開催されたWebmasterWorld ConferenceにてGoogleエンジニアが話していた内容とほぼ同じです。そのGoogleエンジニアの話は次の通りです。

『数ページで構成されていたサイトがある日、新規ページを急増させたとしても、その行為によってペナルティを与えたりフィルタリングすることはありません。そのかわり、Googleアルゴリズムは他の同様の現象が起きたサイトを参照して、その現象が良い傾向か悪い傾向かを判断します。

具体的な例を挙げましょう。たとえば2ページで構成されているあなたのサイトがある日突然、10,000ページを追加したとします。もちろん、正当な理由があって10,000ページを新規追加したケースもあるはずですが(たとえばサイト移転、リニューアルなどの事由)、Googleアルゴリズムはまず"このアクションは疑わしい"というフラグをたてます。その上で、同じく2ページのサイトが突然10,000ページ追加したような類似ケースを参照し、そのケースの大半がスパム行為だった場合、あなたのサイトも同じくスパムの可能性があると判断します。』
『突然ページが急増したサイトの場合、人の目視による判断が入ることはあるが、自動的にペナルティと判定することはまずない。』

今回のMatt Cutts氏の答えですが、何万ページ追加しようと、コンテンツ(内容)が伴っているなら問題なし、ということです。たとえば、最近はワードサラダに代表される、スパムコンテンツを延々と自動生成するソフトが流通していますので、そういったソフトで作られたゴミコンテンツが大量にあふれていることもあるでしょう。こうした場合は目視によって除外される可能性があります。






記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。