SEO:ウェブページを即座にインデックスさせる方法 - 「リンク張る」 Google Matt Cutts

グーグル・マットカッツ氏が新しいウェブページをすぐにインデックスさせる方法を解説。答えはシンプル「リンクを集めろ」。


公開日時:2009年05月31日 23:50

10 年ほど前の検索エンジンは、インデックス更新サイクルが1ヶ月長と長かったため、新規にウェブページを公開してもアクセスを得るのに非常に時間がかかりましたし、また最新のニュースへ検索エンジンを通じたアクセスはできませんでした。しかし今日のGoogleやYahoo!はクローラやインデクシングの進化に伴い、完全なリアルタイムとまでは行かずとも、数分~3時間で新しいウェブページを登録・検索可能にしています。たとえばGoogleはいま世の中で起きている出来事に関するクエリで検索すれば、検索結果に1時間前や2時間前に発行されたばかりのウェブページを数多く検索結果に表示します。

しかし、あらゆるウェブサイトで発行されたウェブページがこのように、"ほぼ"リアルタイムでインデックスされるわけではありません。どうしたら、ウェブページをすぐにインデックスさせることができるのか。Googleエンジニア・Matt Cutts氏がYouTubeビデオで回答を寄せています。

"How much time is Google taking to index a new webpage, and how can we accelerate the process bisides using Google Webmaster Tools?"

「たくさんのリンクが張られること」これがMatt Cuttsの答えです。Google Webmaster Toolsを使ったXMLサイトマップというのは、サイトのURL構造を伝える、クローラビリティを支援するものであり、これの発行すなわちインデックス時間の短縮を表しているわけではありません。

世の中のユーザの関心事となっているウェブページであればTwitterやブログなどを通じてリンクされるでしょうから、そうしたウェブページは検索結果に表示する価値がある、したがってインデックスも速くなります。

一般のウェブサイトであれば、RSSの発行、ping送信などによって結果的に他のウェブページからリンクが張られることになるので、これも間接的にインデックス時間を短縮するのに貢献します。

なお、30日に米国で開催されたWordCamp San Francisco 2009にて講演したMatt Cutts氏の話によると、PageRankが高いほうからクロールしていく、という話もでています。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。