SEO: GeoTag(ジオタグ)は検索ランキングに影響しますか?

Googleは検索順位決定の際にGeoTag(ジオタグ)を参考にするか?答えはノー。Matt Cuttsは適切なドメインの取得、サーバ(IPアドレス)を用意することをアドバイス。


公開日時:2009年07月07日 14:22

Google Webmaster Central Channel より、Google Matt Cutts氏がビデオでSEOの質問に答えています。今回は「GeoTag(ジオタグ、Geotagging)は検索順位に影響するか?」です。

Geotagginとは、ウェブや画像、ビデオ、RSSなどのメディアに経度や緯度などの位置情報をメタデータとして付与すること。このGeotagging情報がデジタルコンテンツのロケーション判定の材料として利用されるのか?というのが質問です。つまり、google.co.jp(Google JP)の検索結果にウェブや画像を表示するためには、対象コンテンツが「日本(日本語)」であると検索エンジンに認識させる必要がありますが、ジオタギングはその手助けになるのでしょうか?

Matt Cutts氏の回答は、参考にしていないとのこと。サイトやウェブページの属性地域判定は、サーバのIPアドレスやドメインの種類(gTLD、ccTLD)、ウェブマスターツールでの地域設定などの情報を参考に行っており、適切なドメインや設定を行うことでGoogle(検索エンジン)に位置を認識させるようアドバイスしています。

たとえば、フィンランド国内のユーザを対象に開設したサイトで、Google Finlandでの検索結果にサイトを含めたければ、ドメイン.fiでサイトを開設したほうがよい、ということです。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。