SEOにおいて重要なことは? Bing、Webmaster Center Blog Q&Aを掲載

Bing Webmaster Blog Q&A。Bing Webmaster Blogで紹介されるSEOは他の検索エンジンでも役立つか?サイトマップの上限は?SEOの役割とは?など。


公開日時:2009年10月12日 02:13

米MicrosoftのBing Community で開設されているブログ「Bing Webmaster Blog」にて、同社担当Rick DeJarnette氏がブログの利用方法やSEO、Bing Webmaster Center Toolsに関する質問に回答した。

以下、Q&A形式で適宜補足説明を追加しつつ翻訳。

質問1) (Bing Webmaster Blogの)コメント欄に質問しても回答が来ないのは何故?
回答1) Bing Webmaster Blogは質問のやりとりをするには適当な場所ではないためです。もし質問があればSEM Forumでお願いします。

質問2) (Bing Webmaster Blogの)私のコメントが消されました。何故ですか?
回答2) 原則として寄せられたコメントを削除することはありません。しかし、トピックと無関係なコメント、宣伝目的のウェブスパム、その他不適切と判断したコメントは削除させていただいています。なお、同じ質問が同じ投稿者によって複数回行われている場合は、重複分を削除しています。

質問3) (Bing Webmaster Blogに)コメントを残す時に自分のサイトURLを記載しています。これは私のサイトのリンク構築において重要ですか?(つまり、権威あるサイトからリンクが受けられますよね)
回答3) 多くの高品質の、権威あるインバウンドリンクを得たいはずですし、投稿する時に自分のサイトURLも記載するという、その考え方は間違っていません。こうしたリンク対策は、ページのランク付けを向上させるための有効な対策の1つです。ただし、あなたと同じ考えを持つ多くの投稿者が同じことを定期的に行っていますので、Bing Blogにコメントを投稿する際は、自動的にリンクに rel="nofollow" (rel属性にnofollow値)をつけるようになっています。rel="nofollow"がつけられたリンクは、検索エンジンがリンク分析を行う時の評価対象外となりますので、リンク先ページに対して評価スコアは渡されないことになります。

いいですか、高品質なインバウンドリンクをえることは大変な作業なのです。権威あるサイトを運営するウェブマスターからリンクを得る必要があるのです(だから相互リンクではページの価値を高められません)。価値があるリンクを得るために、たとえば、そういったウェブマスターが価値を見いだすような、高品質なコンテンツを提供します。しかし、ブログコメントにURLを追記するのはきわめて単純な作業ですし、ウェブマスターの多くはユーザ生成コンテンツに記述されるリンクには rel="nofollow"をつけているものです。だって、自分のサイトからウェブスパムやマルウェアへのリンクを張られたくないですよね。

Bing Blogに外部リンク対策目的でコメントをしてついでにリンクを張るというのは時間の無駄です。


質問4) Bingに私のサイトが登録されません。
回答4) Bingに登録されない原因は複数考えられます。一般的に、次の要因が影響を与えています。「サイトコンテンツの品質」(たとえばワードサラダ(意味不明なコンテンツを自動生成するもの)サイトはインデックスされません)「インバウンドリンクの品質」(スパムサイトからのリンクばかり得ているサイトはインデックスされません)「サイトを発見し、クロールすることができない」(クローラがたどれるリンクを用意していない、IPアドレスやUser-AgentでBingのクローラをブロックしている、等)「HTMLコードの正しさ」(検索エンジンはHTML文法が誤って記述されていることを前提として設計されているが、クロールできないものもある)「サイトの存続期間(年齢)」「サイトコンテンツの鮮度」(開設されて間もないサイトや、何年もコンテンツが更新されていないサイトは、インデックスまでに時間がかかる場合がある)「マルウェアが発見される」(マルウェアが埋め込まれたサイトは、検索利用者の安全を確保するためにインデックスさせない)「コンテンツが他人のサイトからコピーしたもの、あるいはウェブスパム」(検索利用者に価値がないもの、あるいは法的に問題があるサイトはインデックスしない)「Bing サーチガイドラインに従っていない」(検索エンジンスパムをしているサイトはインデックスしない)、など。


質問5) Bing Community で提供されているSEOのレコメンデーションは、他の検索エンジンに対するSEOの施策に影響しますか?
回答5) 正当な、ホワイトハットなSEOを行っているのであれば、それはBingにとっても好ましい影響がありますし、逆もしかりです。たとえば、ユニークで価値あるコンテンツを作成したり、権威あるインバウンドリンクを得るなど、堅実で評判のよいSEOを実施してるのであれば、主流の検索エンジンすべてにおいて有効です。

注意してほしいことは、SEOは究極的には、あなたのサイトのデザインやリンク、コンテンツに相応な評価を得るように最適化することに過ぎません。つまり、本来あなたのサイトが得られるべき評価を阻害する、技術的障害を取り除くことにあるのです。SEOはそれ以上でもそれ以下でもありません。SEOにおいて重要なことは、他のひしめく競合の中から、あなたのサイトを際立たせるために必要な、価値を作り出すための作業にあります。

また、検索はロングテールの世界です。どの領域でも、数個の検索数が多いキーワード以外にも、利用回数は少ないながらも依然としてトラフィックが得られる、数多くのニッチな市場が存在しています。競争が激しいキーワードでナンバー1になることだけを考えるのではなく、同じ領域(市場)に存在する、他の競争が緩やかなニッチな数多くのキーワードにも注力してみましょう。


質問6) BingにXML Sitemapsを送信する方法は?
回答6) XML Sitemapsを送る方法は複数提供してます。もしBing Webmaster Center Toolsを利用しているのであれば、ログインしてSite List ページから送信することができます。また、「http://www.bing.com/webmaster/ping.aspx?sitemap=(あなたのXML SitemapsのURL、ただし文字列http://は不要)」にブラウザでアクセスしても送信できます。


質問7) Bing はXML Sitemapsのインデックスファイルをサポートしますか?
回答7) はい、Bingはサイトマップインデックスファイル(※ サイトマップに別のサイトマップを含める時に利用するXML)をサポートしています。Bingは、他のサイトマップファイルへのリンクを含めて、1ファイルあたり最大5万個をサポートしています。たとえば、サイトマップに5万個の別のサイトマップへのリンクを記述し、さらにその5万のサイトマップがそれぞれ5万サイトのURLを記述することで、理論上、25億URLを記述することができます。これはSitemapsプロトコルの仕様であり、GoogleやYahoo!でも同様です。


webmaster center blog Q&A [Bing Community]
http://www.bing.com/community/blogs/webmaster/archive/2009/10/09/webmaster-center-blog-q-amp-a.aspx





記事カテゴリ:MS Bing, SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。