米MS、マーケッター向けの検索関連分析ツールを拡充へ

マイクロソフトが検索マーケッター向けの製品・ツールを拡充する。リスティング広告では広告パフォーマンスを高めるための分析ツールを、オーガニック検索ではサイトのインデックス状況やクローラが発見した問題などを参照できる機能を追加予定。


公開日時:2010年10月19日 22:16

米Microsoftがマーケッターを支援するための検索関連分析ツールの強化に乗り出す。同社は2010年8月にYahoo!のオーガニック検索をBingにリプレースし、今月から検索広告システムもadCenterへの切り替えを開始している。

検索広告について同社は近日、売上追跡(Revenue tracking)や広告パフォーマンスレポートなどコンバージョン分析を強化した製品をリリースする予定だ。この製品は、設定したキーワード群がどれだけ効率的にターゲットセグメントにリーチしているかを確認することもできる。特に売上追跡はGoogleやYahoo!のトラッキングツールと比較して遅れをとっていた機能で、検索広告キャンペーンのパフォーマンスを監視する上でBingがプラットフォームに追加すべき項目だった。

また同社は新しいデスクトップadCenterツールをリリースし、パフォーマンスレポートを表示できるようにする。

一方、オーガニック検索においては、SEO関係者へのヒアリングを経て、クロール状況などのデータをダウンロードできる機能を追加する予定。また、eコマースサイトが自サイトのインデックス状況を分析できる"Index Explorer"、特定ページがBingにインデックスされるように送信するURL登録機能、リダイレクトやマルウェアの存在、その他Bingクローラが直面したトラブルを参照できる機能、キャンペーン終了や不適切なウェブページを検索結果で非表示にする機能などのリリースが予定されている。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。