SEO:ページ移転の通知、301リダイレクトとrel=canonical どちらを利用すべき?

ページの移転時に301リダイレクトを行うか、それとも rel=canonical による正規化で対応すべきか。


公開日時:2011年05月30日 01:51

ウェブページが移転したことをGoogleに通知する手段として、301リダイレクトが一般的に広く知られている。しかし最近はrel=canonicalを利用する方法も導入された。ウェブマスターは、ページ移転の設定を行う時にどちらを利用した方がいいのだろうか?

Hey Matt, I had a lingering question about using rel=canonical vs. 301 redirects. It takes longer for Google to find the rel=canonical pages but 301 redirects seem to lose impatc (link juice) over time. Is there similar churn with rel=canonical ? Sam Crocker, London, UK [Is there an advantage to using rel="canonical" over a 301 redirect ?]

この疑問に対して、米GoogleウェブスパムチームのMatt Cutts氏は「基本的には301リダイレクトにより転送設定を行う」ようアドバイスしている。サーバサイドによる301リダイレクトは広くサポートされており、Googleに限らずどの検索エンジンも対応しているため、確実にページの移転通知を行うことが可能だからだ。

Is there an advantage to using rel="canonical" over a 301 redirect ?

ただし、サーバの設定が行えない環境では rel=canonical で対応することを勧めている。たとえばフリーホストや学内のサイトなどサーバ設定が困難なケースでは、rel=canonical で意図したページを設定すれば良い。

最後に、よくリダイレクトに関して PageRankがどのように扱われるかについて質問されることがあるが、少し失われるが別に心配する必要はない程度とのこと。


#
サイトの統合や移転時に際に、PageRankが失われることを心配する方は結構多いのですが、その移転や統合はビジネス的に必要ですよね?だったら、いずれにせよ必要なことなのですよ、それは。もしPageRankが50%、100%失われるというなら躊躇するのはわかりますが、原則としてGoogleは「オンラインの世界で一般的な慣習やイベントにおいて、著しく不利益を被るような扱いはしない」ですので、心配する必要はありません。サーチトラフィックが重要なビジネスをしている場合にSEOは重要な項目かも知れませんが、何でもSEOを基準に考えるのも愚かなことです。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。