[SEO] 「ユニークな情報持たないアグリゲーションサイトはNG」 米Google

グーグル、他サイトやデータベースから情報をかき集めただけのアグリゲーションサイトは問題ありと指摘。


公開日時:2011年09月29日 16:17

Googleからガイドライン違反でペナルティを受けたと推定されるサイトについて、米GoogleスパムチームのMatt Cutts(マット・カッツ)氏が問題点についてコメントしている。

同氏は問題点を2つ指摘している。第1に、検索キーワードに対応する主たるコンテンツが存在しないページがランディングページとなること、あるいは「検索結果の先が検索結果」であるランディングページは検索ユーザーが望んでいないことを挙げる。

第2に、ユニークな情報を持たず、単に他のサイトやデータベースからかき集めただけの情報で構成されたアグリゲーションページ及び自動生成ページを、誰が望んでアクセスするのかと疑問を呈している。

このコメントでMatt Cutts氏は直接的な表現は避けているが、上記2点はいずれもGoogleが望まないコンテンツやページであり、検索ランキングが下がってしまっても致し方ないケースといえよう。

So my advice to you would be to step back and ask yourself, "What separates explore.to from the thousands of other sites that just grab or license data from Acxiom or other yellow page data providers? Why would anyone searching on Google want to land on my pages instead of other the tens of thousands of other yellow page sites on the web?" Then concentrate on really pushing on the areas where you can add value for users. [Matt_Cutts, Google, Hit by a Google -50 penalty]
APIやRSSフィードなどを通じて他サイトから情報を寄せ集めただけの自動生成ページはいまだ日本でも一部のスパマーに利用されているが、最近はアルゴリズムによって自動的に検索結果から排除されつつある。たとえば一部の業者が行っていた、中古ドメインと飲食店サイト「ぐるなび」のデータを組み合わせて大量生成されていたサイト群はすでにGoogleから軒並み検索結果から排除されている。

同様に、Amazon.co.jp などECサイトからAPIを通じて取得した情報だけで構成されていた価格比較サイトも、検索結果に再掲載することが困難になっている。

もっとも上記1点目にあげた、「検索キーワードに対応するコンテンツが存在しない、ゼロサーチ結果がランディングページ」になってしまう問題は、日米問わずまだ解消されていない問題だ。これはGoogleがドメインやサイト全体のオーソリティのスコアリングによりある程度ページの重要性を評価してしまうことと、ページ上の少なくとも一部に該当キーワードが含まれてしまうこと(たとえば関連商品や売上ランキングなどの枠内にたまたま当該商品の文字列が表示されている場合)により発生してしまう。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。