[SEO] 新gTLDは、.comなど従来のgTLDよりも検索ランキングで有利になるのか?

企業ブランドや名称をgTLDにできる新gTLDは、SEO的に有利に扱われることはない。


公開日時:2012年03月27日 15:06

.comや.netなどドメイン名の一番右側・gTLD (generic Top Level Domain)に企業の社名やブランド名などを扱える新gTLD。gTLDの自由化を目指して2008年にICANNが新gTLDプログラムを発表、3年間の検討を経て承認されたことで2013年より新しいドメインの運用開始が予定されている。すでにキャノンが.canon の取得を発表しているほか、東京都や沖縄なども新gTLDの運用を表明している。

さて、その新gTLDであるが先日、米国のあるコラムの中でコンサルタントが、新gTLDがSEOの観点から効果があると明言したことが注目された。

Will a new TLD web address automatically be favoured by Google over a .com equivalent? Quite simply, yes it will.

これに対し、米Google Matt Cutts氏が「これは誤解である」との指摘をGoogle+上で行っている。

「Googleサーチクオリティチームのエンジニアとして、この情報が誤りであることを照明する必要がある」というカッツ氏によると、GoogleはTLD (Top-level-domain)の種類にかかわらず、関連性が高いウェブページを返すことに多くの経験を積んでおり、新しいTLDが登場した際も適切にランク付けするよう努めているという。しかし、新gTLDが.comなどと比較し最初から何らかの優遇措置を行うことは今日も将来もないと明言した。SEOのために新gTLDを取得するなどという間違った事実基づいた行動を起こさぬよう注意している。


#
新しいgTLDが登場するたびに、変なこという業者っているのです。たとえば、.name が出てきた時には「個人サイトを作るとランキングが上がるんです!」というドメイン事業者が登場したかと思えば、.mobi が登場した時には「モバイルサイトを.mobi ドメインで構築するとモバイル検索サイトのランキングで有利なんです」とかね。どっちもドメイン事業者のセールストークであって、Googleにとってはそんなの全然関係ないんですよ。

Sorry, but that's just not true, and as an engineer in the search quality team at Google, I feel the need to debunk this misconception. Google has a lot of experience in returning relevant web pages, regardless of the top-level domain (TLD). Google will attempt to rank new TLDs appropriately, but I don't expect a new TLD to get any kind of initial preference over .com, and I wouldn't bet on that happening in the long-term either. If you want to register an entirely new TLD for other reasons, that's your choice, but you shouldn't register a TLD in the mistaken belief that you'll get some sort of boost in search engine rankings. [Matt Cutts, Search Quality Team at Google, https://plus.google.com/109412257237874861202/posts/4VaWg4TMM5F]

gTLDの種類が文書の関連性や信頼性の決定的な要因にはなりません。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。