SEO:「リンクを要件としたインセンティブ付与はGoogleガイドライン違反」John Muller

リンクインセンティブ(リンク張ってくれたら特典を差し上げる、という手法)はGoogleガイドライン違反である。


公開日時:2012年06月25日 22:07

『リンクを張ってくれたら、○○を無料で差し上げます』--- このような、リンクを張ってくれたユーザーに見返りとして何らかの特典を与えるというリンクインセンティブ手法は検索エンジン最適化(SEO)手法として問題がないのか。ペイドリンク(Paid Links)問題がらみでよく論争となるテーマだが、今回、米Google John Muller氏が明確に「リンクインセンティブはGoogleガイドライン違反である」と明言した。

I'd strongly recommend not making PageRank-passing links to your site a requirement for any kind of interaction on your website. Links placed like that are generally not natural links, not the kind of links that our algorithms want to find. Past that, not all businesses or people have real websites, it seems like it would be a bit unfair to block them from being able to use your site to its fullest (and in turn, if they end up loving it, recommending it to their friends & business partners). By all means, make it easy for users to recommend and to link to your site, but don't use that as a requirement. [John Muller, Google, 2012]

Google Webmaster Central に、ビジネス及びパーソナルなリスティングサイトを提供しようとしている人物が次の質問をした。「登録者が自身のサイトから(リスティングサイトの)プロフィールページにリンクを返してくれたら、サムネイル写真も一緒に掲載できる"upgraded listings"を提供する、という手法はガイドラインに違反するのか否か、と尋ねたのだ。

これに対し、スレッドでは問題がないとする意見とペイドリンクに該当するという両者の意見が書き込まれたが、John Muller氏が明確にガイドライン違反であるとのコメントを書きこんだ。

同氏の説明によると、[1] インセンティブ獲得目的で設置されるようなリンクはナチュラルではないし、Googleのアルゴリズムが分析対象としたいリンクではない [2] 全てのユーザーは企業がウェブサイトを保有しているわけではなく、インセンティブの手法がアンフェアである、ということだ。

#
米Overstock.comのケースがNGだったので、まぁそうなりますな。

彼の2つ目の説明はリーズニングとして不十分な気がしますが(プロフィールリスティングサイトなのだから、ウェブを保有している人にインセンティブを与えるという要件がアンフェアとは言えない)、Googleの立場としては1つ目の理由、『ニンジンを目の前にぶらさげてリンクを獲得するリンクは評価すべきでない』で十分でしょう。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。