[SEO] 正式公開前のウェブサイトはパークドメイン状態にしないこと

ウェブサイトの正式公開前にドメインがインターネットからアクセスできる状態にある場合、ドメインパーキングにするのではなく、簡単なコンテンツを掲載しておくこと。


公開日時:2012年11月12日 02:24

新規取得したドメインで新たなウェブサイトを開設する際、検索エンジンにできるだけ迅速にインデックスさせるために、正式開設の数週間前からドメインにアクセス可能に準備しておくという方法があります。特にGoogleのサンドボックスやエイジングフィルタが強く作用していた頃は、サンドボックス状態を最短で解除するために1ヶ月以上前にドメインをGoogleに認識させることが推奨されていました。

それはさておき、様々な事情により、ウェブサイトを正式公開する前に、ドメインを準備してあらかじめパークドメインにしておくケースもあるでしょう。パークドメインとは、まだウェブサイトとして準備されていない状態の、プレースホルダ(場所だけ確保した、空の)ページのこと。単純に工事中や作成中、あるいはマネタイズ目的でドメインターゲティングされた広告が満載のページになっていることもある。いずれにしても Google は、こうした空のページや広告だらけのページを検索結果に表示することは好まないため、通常はインデックスされることがない。

# ちなみにGoogleはつい最近までGoogle DomainParkというドメインターゲティングを目的としたドメインパーク向け広告プロダクトを提供していた(2012年6月完全終了)

では将来公開予定のウェブサイト用のドメインを事前し、サーバ設定を済ませて公開状態になっている場合、そのままパークドメインとして放置するのと、適度なコンテンツを掲載した状態でおいておくのはどちらが良いのだろうか。

米GoogleのMatt Cutts氏によると、同社はドメインパークを検出する技術(domain park detector)を持っており、パークドメインを判別して検索結果に表示しないようにしている。従って、もし公開直前までドメインをパーキング状態にしておいた場合、Google がそれを再クロールしてパーキングが解除されたことを認識し、再処理されるまでに一定の時間を要するという。つまり、その正式公開されたサイトが検索結果に表示されるまでに時間がかかることになる。

従って、パーキングするのではなく、2~3段落程度のコンテンツを用意し、将来公開予定のサイトのアナウンスをするか、関連する紹介コンテンツを掲載しておくことを同氏は勧めている。


Should I keep a domain parked without content before I launch the website?

パークドメイン
http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=66376

#
パークドメイン検出は、2008年頃から行われています。サイトを閉鎖して、ApacheやPleskなどが用意するプレースホルダページにしておくと、Googleはインデックスプロパティなどのリセットが行われます。つまり、サイトを閉鎖してドメインを手放す場合は閉鎖後にいったんドメインパーク状態にして一定期間経過後に手放すと、当該ドメインを再取得する第三者に悪用されるリスク -- ドメインに蓄積された評価をテコにアフィリエイトや出会い系サイトに転用したり、SEOのリンク供給用サイトとして使われるなど -- を減少させることもできます。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。