[SEO] 多数のリンク切れは検索順位に影響を与えるのか?

サイト内にリンク切れが多数あっても直接Googleランキングやインデックスに影響するわけではないがユーザーエクスペリエンスの観点から修正した方がよい。


公開日時:2012年12月05日 20:21

今年9月に開催されたCSS Nite の講演でも触れましたが、SEOの観点で考えるべきでないことにSEOの基準を求めたりSEO視点で回答を求めようとすることは意味がないので行うべきではありません。「サイト内に404 not found になるリンク、つまりリンク切れがたくさんあると検索順位に影響はあるのか?」という質問をされる方は実際のところ少なくないのですが、これもその、時間の無駄な、典型的な質問の1つです。

Hi TheBigK The number of crawl errors on your site generally doesn't affect the rest of your site's crawling, indexing, or ranking. It's completely normal for a site to have URLs that are invalid and which return 404 (or 410, etc). That wouldn't be something which we would count against a site -- on the contrary, it's something which tells us that the site is configured correctly. For more information about 404's in particular, I'd also check out our blog post at http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2011/05/do-404s-hurt-my-site.html When it comes to marking crawl errors as "fixed" in Webmaster Tools, this is something which is not used for the rest of our crawling / indexing systems, it's only used to simplify things in your UI. We try to bubble up more important crawl errors (such as pages that recently existed), so if you're not seeing any important URLs there (such as some that you thought were valid URLs), then I wouldn't worry about those crawl errors. Cheers John [Can large number of internal broken links cause search penalty?]

サイト内にリンク切れが多数発生していたら、それは検索エンジン云々の話の前にユーザーエクスペリエンス的に問題があるから修正すべきですよね。それだけのお話です。
ちなみに 米GoogleのJohn Muller氏は、リンクエラーの数はインデクシングやランキングに影響はしないと述べています。

もしも、この質問の回答を知りたいと思った人は回答を覚えるのではなく、Muller氏の述べた理由『サイトが404エラーを返すリンクを設置していることは普通だから』という点を学んでほしいと思います。普通にサイトを運営していて起こりうる事柄について、Googleはそれを織り込み済みなのですよ。何らかの理由で一時的にサーバに接続できなくなる場合もあり得るわけで、だからGoogleはクローラが一度アクセスできなかったサイトでも、インデックスから即座に削除することはせず、時間を空けてもう一度アクセスを試みるわけです。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。