[重複コンテンツその2] レスポンシブWebデザインは重複コンテンツ扱いになりますか?

重複コンテンツ系の質問その2。レスポンシブWebデザインは重複コンテンツに該当するか?回答は No、デバイスによってレイアウトは可変的に変化するが、ファイルが複数存在するわけではなく、CSS で切り替えているだけです。


公開日時:2013年09月24日 11:20

重複コンテンツシリーズその2。この質問を初めて受けた時、全く質問の内容を理解できなかったのですが、なるほど、そういう解釈をする人もいるんですねと思い知らされたのでメモとして。

レスポンシブWebデザインを採用した場合、デバイス(ブラウザ)のスクリーンサイズに合わせて可変的にレイアウトが変化するわけですが、スクリーンの大きさが4インチのデバイスA と、13インチのノートPC(デバイスB)では、画面の表示に違いがあるでしょう。この時に、質問者の方は「画面の表示は大きく異なるが表示するコンテンツ(情報)自体は同じだから、重複コンテンツに該当するのではないか?」という疑問を持って質問をしてきたわけです。

これはレスポンシブWebデザインが技術的にどのように実現しているかを理解していれば、重複コンテンツか否かの判断はできますよね。つまり1つのHTMLファイルをCSSで制御しているわけで、アクセスしているものは同じ1つのファイルなのです。質問された方は、(画面表示が違うからその数だけ別のファイルが生成されていると)勘違いをされていたものと思われます。

レスポンシブWebデザインは重複コンテンツには該当しません。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。