[重複コンテンツその3] コンテンツを複数言語に翻訳したものを異なるドメインで公開しています。重複コンテンツ扱いになりますか?

違う言語に翻訳しただけの内容が同じコンテンツを複数のccTLD (ドメイン)サイトで開設した場合、Google は重複コンテンツ扱いするのか?回答は No. 異なる言語で記述されているのであれば、重複とは判断しない。閲覧者が違うのだから、重複コンテンツとして非表示にする合理的な理由はない。


公開日時:2013年09月24日 11:20

重複コンテンツ系の質問その3。複数の国にまたがって事業を展開している場合、それぞれの国ごとにウェブサイトを開設することもあるでしょう。海外向けサイトはすべて英語のみというわけではなく、中国向けサイト(.cn)は中国語で、タイ(.th)ではタイ語と英語版の2言語を、といったように国ごとの主要言語に対応してサイトを開設することも多いはずです。

しかし一方で、掲載しているコンテンツ(情報)自体はすべて同じで、国ごとに言語のローカライズをしているだけというケースも多いはずです。たとえばB2Bで扱われる商材であれば、英語(または他の任意の1言語)で作成されたマスターの基本情報を各言語に翻訳し、各国ごとに取得した ccTLD ドメインのサイトにて公開することは一般的です。

このように「言語は翻訳されているけれども情報は同じ」「同じ情報が多数の異なるドメイン(ccTLD / gTLD 問わず)で公開されている」状態を Google は重複コンテンツと判断するのか?ということですが… 回答は No、これは重複コンテンツには該当しません。

同じ情報でも翻訳されたもの、つまり異なる言語で記述されたコンテンツは、重複コンテンツとは判断されません。

ちなみに、この理屈を利用して、自動機械翻訳サービスを利用して1つのコンテンツから数十言語ものバージョンのコンテンツを大量生成し、そこにターゲットサイトへのリンクを埋め込んでインターネットに公開するというウェブスパムが一時的に流行ったことがあります。当然 Google は対処しましたが、これは『自動化されたツールで翻訳されたテキストが人間によるチェックや管理を経ず公開されたもの』というスパム(悪意)の意図が明確である、またはコンテンツ品質が低いものという理由により排除しているのであり、重複コンテンツが理由ではありませんので勘違いなさらないようお願いします。


cf.
[解説][SEO] グーグル、「rel=alternate hreflang=x」サポートを拡張、多言語サイトを適切にインデックス可能に






記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。