[重複コンテンツその4] 製品スペック表や栄養成分表など他サイトにもあるコンテンツを掲載することは重複コンテンツ扱いにありますか?

栄養成分表や製品仕様など同一製品を扱うコマースサイトであれば掲載しているであろう情報は重複コンテンツとみなされるのか?答えはコンテンツ次第。


公開日時:2013年09月24日 11:21

eコマースサイトが商品詳細ページを設計する際に、たとえば家電であれば製品仕様(スペック一覧)、食材であれば栄養成分表など、同一製品を扱っている他のeコマースサイトでも同じものが掲載されていそうな情報というのはあります。こうしたコンテンツを掲載することは重複コンテンツ扱いになるのか?

これは、その商品詳細ページにおける仕様一覧や栄養成分表などの各種スペック情報が占める割合とオリジナルコンテンツの比率に依存します。商品詳細ページというのは担当者の努力や熱意次第で、いかようにも深く掘り下げたコンテンツを作り上げることができます。たとえば楽天市場のネットショップを見ると、見た目が同じようなたこ焼きやお好み焼きでも、ショップによって全然違う見せ方やセールスをしているケースを探すことができるでしょう。

つまり、部分的に他サイトと同一の情報が掲載されていても全体としてユニークなコンテンツとして仕上げているのであれば問題ありません。逆に、スペック表をぺたっと張り付けただけで人の労力がかかっていないコンテンツを公開したら、それは検索結果には表示されないかもしれません。これは、"その、どこにでもある情報を掲載している"ページは検索上位に表示されるのにふさわしいか?を自分で考えれば自ずと出てくる答えでしょう。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。