[解説] なぜGoogleはディレクトリ登録サイトにnofollowを加えるよう通知したか

一部のディレクトリ検索サイトが掲載サイトのリンク先にnofollowを追加するように仕様を変更しました。また一部のディレクトリはGoogle検索結果に表示されないことが確認されています。Googleがこうした措置を行った理由は何でしょうか。論点はおそらく「実質的な有料リンクネットワークか」にあると思います。


公開日時:2013年10月12日 15:41

昨日公開した記事、Googleが一部のディレクトリ検索サイト(ディレクトリ登録サービスを提供するサイト)にPageRank減衰等のペナルティを科したりnofollowをつけるよう指導したのか、その背景について簡単に私の意見を述べておきます。

おそらくGoogleは、一部のディレクトリ検索サイトを「検索順位を操作することを主たる目的とした、実質的な広告リンクネットワークを構築している」と判断したのでしょう。要件として考えられるのは…

  1. PageRankの高さや獲得可能な被リンク本数をアピール
    登録サイトのホームページで堂々とディレクトリ掲載サイトのPageRankの高さを訴えることは、私たちはGoogleを騙すサービスですと宣言することに等しいです。今回のGoogle指摘対象になったディレクトリ運営会社の大半は、ウェブサイトで堂々とSEO効果をPRしていました。検索順位操作のみを目的とした、実質的なリンクサイトとみなされても致し方ありません。

  2. 実質的に審査が存在しない
    低品質なサイトばかりが収録されたディレクトリは価値がありません。一部のディレクトリは明らかに審査をせずに掲載しているようでした(つまりGoogleはディレクトリ全体が実質的に価値がないことを見抜いているはず)。実質的に審査が行われていないのであれば、それは単なる有料リンク販売であり、存在価値のない巨大なウェブのゴミです。

  3. リンクネットワークの構築
    配信先のディレクトリの多さをアピールすることは、順位操作に有効である被リンクの獲得本数を訴求することに等しいですし、同一コンテンツが多数のドメインに展開されていても、それはGoogleが評価したいコンテンツではありません。それがお金で購入されたリンクであるなら、なおさら検索順位に反映したくないでしょう。

  4. (他にもあるが割愛)

Googleの検索結果も一部の検索クエリでゴミの山が出てきて検索品質が疑われるように、完璧に良質なサイトだけを収録・管理することは出来ません、そんなことは Google も重々理解しているに違いありません。

しかし今回問題とされたディレクトリは、ゴミしかなかったのです。ゴミだらけ。その上で、掲載方法・条件・リンクスキーム、諸々の事情を踏まえ、有料リンクのネットワークと判断するに十分な状況証拠が揃ったから、こういう対応になったのではないでしょうか。

※ 海外に目を向けますと、提携サイト数を増やすことで巨大なリンク配信ネットワークを構築しているディレクトリというのがあまりありません。 "そういう指向"を持つ会社は最初からリンクの売買マーケットプレイス等へ事業をシフトしているので、ディレクトリの体裁にはなっていないのですが、ともかく、日本は特殊なんだと思います。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。