[SEO] 嫌がらせのリンクを張られた時は被リンクの否認(link disavow)を行えば良い

全く無関係で害の及びそうなリンクを受けた時は、当該サイト管理者に連絡してリンクを削除してもらう、Googleのリンク否認ツールを用いてリンクを無視するよう要請することが望ましい。


公開日時:2014年01月04日 23:14

一般サイトが風俗・アダルトサイトからリンクを張られたり、全く無関係なスパムサイトからリンクを受けた場合、サイト運営者はどう対応すべきか。これはGoogleが提供するリンクの否認(link disavow)ツールを使用してGoogleにそのリンクを無視するよう通知をすれば良い。対象サイト全体がスパム的な存在であれば、ドメインレベルでdisavow要求することもできる。

Should I be worried if a couple of sites that I don't want to be associated with are linking to me?

Recentrly I found two porn websites linking to my site. I disavow those links and wrote to admins asking them to remove those links but ... what can I do if someone, (my competition) is trying to harm me with bad backlinks ? Jay, Spain

相手サイトの連絡先が判明している場合は、そのサイト管理者に連絡して該当のリンクを削除するかnofollowを付与してもらうよう要請することも良いだろう。

サイトに張られるリンクは本来は自然に張られるもの。ならば、どんなサイトが自分のサイトにどのような経緯を経てリンクを張ったのかを常日頃監視・分析することで、自分のサイトに適した自然リンク獲得のための施策も見えてくる。このような視点から、常に自分のサイトの外部リンクの概要(リンクプロファイル)を把握しておくことが肝心。それを日常業務としておけば、本件のような『不適切なリンクの自然発生』という兆候も見逃さないので、即座にしかるべき対応をしておけばGoogleのガイドライン違反指摘を受けるリスクも最小限に抑えることにもつながる。

リンクプロファイルはいわば、自分のサイトの被リンクに関する健康状態を表すもの。インハウスSEO担当者は常に意識しておきたいポイントでもあるし、外注する場合でもこの部分だけは常時確認をして欲しい。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。