Google は「あらゆる画像/CSS/JavaScriptファイルをクロールさせなさい」とは発言していない

Google の発言の意図や背景を正しく理解しないと、SEO の実行において困ることは多々あります。CSS や JavaScript のクロールの件も、1つでも拒否すると検索結果に悪影響があるとは言っていません。


公開日時:2014年11月07日 11:53

Google が発表する様々な新機能やサービスは、その背景や意図・意義まできちんと把握しておくことが大切です。表面的な情報だけを拾っていると、「自分のサイトの場合」はどう対処すればいいのかがわからなくなったり、見当違いの対処をしてしまうことになりえます。

まず重くなるという事。ページの表示速度はSEOに関連してくるので、軽い方が良いのですが、はてなスター程度だと普段はそれほど高速回線なら影響はほとんど無いとは思いますが、0とは言えないですね。それと、google botをブロックしている事で悪影響が出る可能性は否定出来ません。[はてなスターはスパムになっているのか?SEOのために「はてなスター」は外すべき?]

はてなスターに対する議論は、ブログ「太陽がまぶしかったから」に掲載されている記事『はてなスターはGoogle botをブロックしてるからSEOスパム判定されないよ』をご覧頂ければ明快です。

# 事の発端となっている記事でいう『スパムとして認識してきている』とは、どのサイト(誰)に対するスパム認定なのかがよくわかりません。仮にこのケースでスパム判定されるとするならば、対象は「はてな」であってはてなスターを設置したWebサイトではないのですから、そもそも設置者が心配する事柄ではないのではないでしょうか。

Webサイトの構成上”SEO以外の理由で”利用したい機能だけれども、SEO的なリンク観点で心配事がある時は、(1) nofollow の有無、(2) robots.txtの記述 (3) 故意の順位操作要素・意図 という3点をチェックして頂くとよいでしょう。最近は特に「SEOがわかっている」担当者がいるWebサービスであれば、最初の (1) または (2) で対応していることが多いと思います。

cf. Googleがウェブマスター向けガイドライン更新、CSSやJavaScriptのクロールをブロックしないよう求める

また、

ページの表示速度はSEOに関連してくるので、軽い方が良いのですが、はてなスター程度だと普段はそれほど高速回線なら影響はほとんど無いとは思いますが、0とは言えないですね。[同

その機能があなたのWebサイトに価値をもたらすのであれば利用すればいいですし、価値がないなら外せばいいのです。それだけの話。SEO に囚われすぎて本質を見失ってはいけません。

さすがに読み出しに何十秒もかかるようなものであれば再考の余地はありますが、コンマ数秒のレベルであれば気にすること自体がナンセンスです。2.1秒よりも2.0秒の方が検索順位が格段に上がるのであればまだしも、ページ読込速度はそういう類のお話ではありません。

cf. SEOだけが自分のお仕事なのですという担当者の方も、ページ読込速度をSEOの文脈で考える必要はありません

さて本題ですが、CSS や JavaScript、画像ファイルのクロール許可について、先の鈴木ですさんが抱かれているのと同じ疑問・不安を持つ方が多いようです。これは Google の情報発信の方法にも私は問題があると思うのですが…Google の真意は、『コンテンツまたはページレイアウトに直接的に関係する CSS/JavaScript/画像はクロールできることが望ましい』(=これらがクロールできないと、正しくページレイアウトが判断できない恐れがある/コンテンツを正しく評価できなくなる恐れがある)ということです。

決して Google は、「1つでもファイル/ディレクトリへのクロール拒否をしていると、検索結果にネガティブな影響がある」とは一言も発言していません。


A lot of sites disallow crawling of JavaScript & CSS for historical reasons that are generally no longer relevant. If your JavaScript or CSS files significantly affect the content or layout of the page, we recommend allowing us to crawl them, so that we can use that additional information to show your site for queries that match content which isn't directly in your HTML responses. While unrobotting that content would make things easier for our algorithms to pick up, it would be incorrect to say that not allowing crawling would automatically trigger our quality algorithms to view your site negatively. [John Mueller, Google, Google is Blocking their js in Robots.txt But Tell Us Not To., June 2014]


Google はウェブマスターの皆さんの活動を著しく制限する意図はないのです。だから、例えばサードパーティーが提供する JavaScript を使ったツールを利用していて、でもその提供元が JS への googlebot アクセスを拒否しているからといって、皆さんが気にする必要はないのです。それは仕方がないですし、無視していいのです。

Google のエンジニアたちもバカではありませんから、「インターネットには様々な例外が存在する」ことを前提にしてアルゴリズムを開発・調整しているのです。歴史的に、様々な理由・事情で CSS や JavaScript、画像ファイルへのクローラのアクセスを拒否してきた Webサイトは山のようにあるわけで、Google が正式に発表したからといって実際にそれが浸透するまで何年もかかることも Google はわかっているでしょう。それくらいは想定されているでしょうし、そういう前提に経てば、細かいこといちいち気にする必要はないのです。SEO は「おおざっぱな」な解釈、適当感は結構重要です。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。