SEO:HTTP から HTTPS に移行してもリンク価値は一切失われない

一般的にある URL から別の URL に移行・転送(リダイレクト)した場合、旧URL が受けていた評価が 100% 完全に新URLに渡されるわけではない。ただし、HTTP と HTTPS のプロトコル違いの場合はその限りではなく、評価はそのまま HTTPS (あるいは HTTP)に受け渡される。


公開日時:2016年01月06日 17:21

Google が2015年12月に発表した、同サイト内に HTTP と HTTPS 両方のバージョンが存在する場合に HTTPS を優先登録していくとの発表に関連して、外部から張られたリンクの価値がどのように扱われるのかについて同社社員が説明をしている。[関連:グーグル、HTTPSページを優先的にインデックスすることを発表、既存HTTPに影響なし]

一般的に、URL A から URL B にリダイレクト(転送)を行った場合、URL A に与えられていた評価が完全にもう1つの URL B に渡されるわけではなく、いくらか減衰されるといわれている。自然検索トラフィックを重視するウェブサイトは検索エンジンからの評価をできる限り維持または高めたいため、HTTPS 移行で評価が失われることはセキュアな Webサイトへの移行をためらう大きな理由になりうる。

この点について、Google 社員の John Mueller氏と Gary Illyes氏は、HTTP バージョンが受けていた評価は失われることなく HTTPS に移行されるため安心して取り組んでほしい旨の説明をしている。

John Mueller (Webmaster Trends Analyst) 氏は、HTTP/HTTPS のプロトコル違いの2つの同一の URL を見つけた場合、その両者に与えられているシグナル(つまり外部から張られたリンクにより生まれる評価)を合算する処理をするという。つまり canonical (正規化)や www/non-www と同じように処理されるため、HTTPS への移行に伴って( HTTP に蓄積された評価が)失われることはないということだ。 Gary Illyes氏は、HTTPS への移行を行いやすくするための取組を行っていることを示唆している。


Ah, missed that. If we have two URLs (eg, http/https) that we know are duplicates, and we pick one over the other, then we'll generally fold the signals together into that URL. It's like www/non-www, you don't "lose" the links that point at the alternate version, even if you don't set up redirects. [John Mueller, Google, December 18, 2015]


because I'm on vacation, but making sitemoves easier and more transparent is high on our list of priorities. I'll still have to test it (with and indexing experiment), but 301 site moves shouldn't cause any loss, same domain or not. [Gary Illyes, Google, December 30, 2015]


#
こうしたテクニカルな QandA はあちこちのメディアのコメント欄で社員が個々に好き勝手投稿するのではなくて、公式ブログなり公式ヘルプにまとめてほしいですよね。あるいは、ウェブマスター向け公式ヘルプにドキュメントを用意してから回答してほしい。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。