Google、AMPページ対応はランキングシグナルとして使用せず

グーグルが、AMPウェブページをランキングシグナルとして(少なくとも今は)扱っていないことを明言。AMPに対応したサイトを作っても検索順位で有利になることは、現時点ではない。


公開日時:2016年02月27日 18:12

米Google・John Mueller(ジョン・ミューラー)氏は2016年2月26日(米国時間)に開始されたウェブマスター向けのオンラインQ&Aセッションにおいて、現時点で AMP(Accelerated Mobile Pages)対応の有無はランキングシグナル(検索順位を決定するためのてがかり)として利用していないことを明らかにした。

オンラインで定期的に開催されている Google Webmaster Central office-hours hangout に登場したミューラー氏がウェブマスターからの質問に答えた。既報の通り、Google はAMPウェブページをモバイル検索に導入したが、現時点ではトップニュースの欄内の2か所にのみ AMPページへのリンクが表示されるようになっている。しかし、Google は2010年以降、ウェブの高速化に取り組んでおり、ページの読込速度をシグナルとして扱っていることから AMP 対応ページが検索順位で有利になる可能性が業界でもささやかれていた。

ミューラー氏は現時点において、ランキングシグナルとして使っていないと明確に回答している。

"At the moment, it(AMP) is not a ranking signal.""Just AMP itself is not something that we have a ranking signal at the moment"

English Google Webmaster Central office-hours hangout (February 26, 2016)

AMPに対応することも、モバイルフレンドリーを実現する方法の1つではあるが、少なくとも現時点で AMP に対応したサイトを制作することが検索順位でプラスに作用することはないとのこと。とはいえ、AMP は Google のための規格ではなく、Twitter など他のサイトも AMP 対応の意向を表明しているので、SEO という狭い視野でなくウェブのトレンドとしてどう変化していくか動向を見極めて判断するといいだろう。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化)



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、AMPページ対応はランキングシグナルとして使用せず
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。