2008年05月15日

SEMキャンペーン全体最適のためのキーワードの選び方 - アイレップのSEOスタンダード


ビジネスにおけるSEOの目的は、売上増やリード獲得、利益、トラフィック、ブランディングなど、企業は何をしたいのか?という観点から定めるべきで、順位そのものは目的でない。ビジネスゴールを達成するために、どのキーワードを選択するかを考える必要がある。コンバージョンがいたるまでにどのような検索を行ったのか、「コンバージョンパス」にも目を向けよう。


2008年05月14日

ヤフー、Webサイトのインデックス状態を把握する「Yahoo!検索サイトエクスプローラー」日本語ベータ版を公開


Yahoo!検索、サイト管理者向けに、インデックスやバックリンク状態、サイトを適切にクロールするための各種設定が行える管理ツール「Yahoo!検索サイトエクスプローラー」を公開。


2008年05月12日

ユーザーの好みで変わる「パーソナライズド検索」


パーソナライズド検索の概要、しくみ、その問題点とサーチマーケティングへの影響について。パーソナライズド検索が浸透すれば、「キーワードランキング」の重要性が薄れる。


ソーシャルブックマークと検索エンジンの関係


Yahoo!ブックマークの登録数と自然検索におけるランク付けに関係はない。ブックマーク登録数をランク付けに反映しても検索精度の改善にはならないし、全体最適化はできない。


Googleアドセンス広告を導入するとYahoo!JAPANの順位は下がる?


Yahoo!アドパートナーの広告を張るからといって、Googleでの検索順位が下がることもない。Googleアドセンス広告を張るからといって、Yahoo!での検索順位が下がることもない。アドワーズ広告を利用したからといってGoogle出の検索順位は上がらないし、オーバーチュアを使ってもYahoo!での検索順位は上がらない。つまり、広告と自然検索は全然関係ないし、検索会社は何のサービスを使っているかによってウェブページの重要性を変えたりしない。検索エンジンの視点から合理的に考えればわかること。


2008年05月11日

Google最新事情「検索アルゴリズムの傾向と対策」(2007年3月版)


Google SEOの傾向と対策。最新アルゴリズム事情を開設しつつ、発信した情報を検索を通じて見つけやすく(ファインダビリティ、findability)するためにはどうすべきか?について解説する。


検索各社が表示するバックリンクデータ(link:)は信頼できない


link:やlinkdomain:検索コマンドでサイトのバックリンクを表示するが、これらは全部を表示するわけではない。とりわけGoogleのバックリンク情報はSEOで活用できないほど信頼性が低いので取り扱いに注意。


GoogleツールバーのPageRankデータは、過去のスナップショット


Googleツールバー上に表示されるPageRankは、常に過去のある時点のスナップショット情報。また、そのデータ更新頻度も現在は年に数回。したがって、PageRankのデータはSEOにそれほど活用できない。また、この事実は、サイトを開設しても数ヶ月はゼロ表示となるし、Googleシステム内部の何らかのエラーでPageRankがゼロになっていても、無視した方がいいということも示す。更新インターバルが低い以上、あれこれ原因を気にしても無駄でしかないからだ。


Google PageRankは過去の遺物 - SEOで考慮する必要性は限りなくゼロ


今日のSEOにおいて、Google PageRankを勘案する必要はない。昔のように頻繁に(ツールバー上の)PageRankがアップデートされるわけでもなく、更新データは常に過去のスナップショットのため、私たちがツールバーで見たその時点で利用価値が低い情報。PageRankの値に惑わされないように。


テキストリンク広告はSEOに効果的か?


2007年12月時点で、Googleは公式見解として「テキストリンク広告は不正行為」との判断を示している。テキストリンク広告によるSEOは常に高いリスクにさらされていることを認識すべし。


同じコンテンツの公開に注意:SEO「重複コンテンツ」問題


重複コンテンツは、スパムではないがサイト運営者にとって厄介な問題だ。特に悪意がなくても重複してしまう場合もある。ここでは、重複コンテンツと判断されないためのテクニックについて解説する。


SEO:リンクの関連性にあらためて着目しよう


リンクの関連性にもとづいてページのスコアリングをした方が、検索キーワードに対して重要度の高いページを発見することが可能になり、検索ユーザーの検索体験の質も高まる。SEOマーケッターは、単にリンクの数やアンカーテキストを稼ごうとするのではなく、被リンクのトピックの関連性も考慮していることが、持続的なSEOキャンペーンの展開に必要だ。


SEO:信頼できるリンクを特定する「TrustRank」の概念


リンクの数や質はいくらでも不正行為によってねつ造可能。しかし、それらリンクの信頼性をねつ造するのは可能か?信頼性という観点からスパムリンクを特定するアルゴリズムがTrustRank。あらかじめマークしたページからのリンクに加点をすることで、信頼に足るページと疑わしきページを分類する。


SEO目的の相互リンクを駆逐 - 進化するGoogleのスパムフィルタリング技術


SEO目的に機械的に構築される相互リンクサービスが流行している。こうしたランキングの不正操作は検索精度を歪め、品質の低下を招き、検索利用者の利便性を損なう。こうした不正SEOマーケッターに対抗するためにスパムフィルタリング技術は進化している。


SEO:「時間」を評価するGoogleエイジングフィルタ


Googleのエイジングフィルタ(Aging Filter)の開設。検索エンジンスパムという不正に対抗するための拡張性のある不正対策ソリューション。新規に開設されたサイト(ドメイン)が一定時間を経過しないと適正な評価を加えない。


2008年04月25日

サーチマーケティングとリスク管理 - SEOの落とし穴を回避するために


検索エンジン最適化(SEO)におけるリスク管理の問題。検索順位の不安定、突然のトラフィック喪失といった問題を回避するために必要なこと。


サイト内リンクと外部リンク最適化のフレームワーク(考え方)


サイト内リンク最適化と外部リンク対策(最適化)を上手に進めるための考え方。


SEO リンク対策は、サイト"内"とサイト"外" で異なる


SEOでいうリンク対策には、サイト内リンク対策とサイト外(外部)リンク対策の2つに分けられます。


検索エンジンはリンクの「数」「質」「関連性」「アンカーテキスト」を評価する


検索エンジンはリンクの「数」「質」「関連性」「アンカーテキスト」といった要素を評価し、ページの重要度を判断していきます。


検索エンジンは何故リンク構造からページの重要性を評価するか?


ウェブページがリンクで結ばれているが、その結びつきに着目して、PageRankをはじめとするリンク分析アルゴリズムが生まれている。


2005年06月11日

なぜSEOの世界が、ソーシャルメディアマーケティングに目を向け始めているのか? Rev.3 - アイレップのSEOスタンダード


SEOの外部リンク対策の理想は、自然なリンクを集めること。それがウェブ環境の変化、とりわけソーシャルメディアやCGMの台頭によって企業・個人とわず優れた、おもしろいコンテンツを作成すれば、検索エンジンにとっても文句のない、自然なリンクを獲得できるチャンスが出てきた。


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  | All Pages




このページ最上部に戻る