Google、動画コンテンツのSEOを紹介


Google、ビデオコンテンツの登録方法についてアドバイス。ビデオサイトマップのMedia RSS Feedsのサポート、Sitemapsに指定すべきコンテンツなど。


2009年01月22日 08:12 | 動画検索 | TrackBack (0) | 執筆:

米Googleは2009年1月20日、動画コンテンツを検索エンジンに簡単にクロールおよびインデックスさせる方法について紹介した。

同社は先週、動画サイトGoogle Videoでのアップロード機能の停止を表明したが、今後は総合的な動画検索エンジンの構築に注力していき、ユーザがいつでも、どのサイトからでも目的の動画をGoogleやGoogle Videoを通じて探し出せるようにしたいという。しかし一方で、動画コンテンツをどのようにGoogleに登録すればいいのか知らない人は多い。

今回、Googleは動画コンテンツの登録方法をわかりやすくした。1つはSitemapsによるGoogleへの登録プロセスの簡略化。2つ目はVideo Sitemapsのサポート対象にMedia RSSフィードを追加した。ユーザはSitemapsのファイルタイプを指定する必要はなく、Google側で自動的に判別する。

また、ユーザがより多くの情報を提供することで、Googleもより適切に動画のクロールが行えることにも言及。方法として、Sitemapsの中にランディングページURL、動画サムネイルURL、そしてタイトルと説明文を追加することを勧めている。これらの情報が与えられることで、Googleはより的確に動画コンテンツの場所とそれに付随する情報を関連づけ、コンテンツが検索されやすくなる。

なお、Googleは1月14日にGoogleビデオの動画アップロード機能を中止することを表明した。今後、動画がホストされている場所にかかわらず、世界中のユーザが目当ての動画を探し出せる、動画検索技術の開発に注力していくという。

Calling Video Publishers [Google Video Blog]
http://googlevideo.blogspot.com/2009/01/calling-video-publishers.html

Turning Down Uploads at Google Video [Google Video Blog]
http://googlevideo.blogspot.com/2009/01/turning-down-uploads-at-google-video.html

#
VSEO (Video Search Engine Optimization)の基本。動画を取り扱う方で検索から見つけやすくしたい人はこの知識は必要。Video Sitemapsは確かにクロールとインデックスを早く処理してくれます。













最新の検索エンジンニュース

新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、ペイデイローン・アルゴリズムの更新を発表
米Google、パンダアップデート 4.0 を発表
Google、モバイルに適したページ作成支援・PageSpeed Insightsをアップデート
Google、サイト詳細情報に DMOZ 説明文を活用
アプリストア最適化(ASO)「2秒ルール」 SMX London 2014
SEO:コンテンツの文字数や更新頻度は本当に関係ないのか?
Googleは新gTLDを従来のgTLD(comやnet)と同等に扱う
Googleウェブマスターツール、SSL証明書エラー通知を中断
[UPDATE] Google「バックリンクの重要性は薄れる」今後は著者オーソリティやコンテンツ分析へ
コラム:私がSEOの世界に足を踏み入れたきっかけ
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。