SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

livedoor、検索サービスが Google検索優先の infoseek に

インターネットプロバイダーの livedoor のサイトで採用されている検索サービス infoseek は、 Google/infoseek の選択ができないタイプに。

エッジ株式会社が運営するISP、livedoor (ライブドア)で採用されている検索サービスが、Googleページ検索を第1優先検索結果として表示するinfoseek検索エンジンに変更された。

livedoor に検索サービスを提供しているポータルサイト infoseek では9月1日よりページ検索サービスに従来のinfoseekエンジンとGoogleの2つの検索サービスを提供している。ユーザーは検索を行う際にサーチボックス横に設置されているオプションを選択することで Google と infoseek のどちらで検索をするかを選択することができるようになっている。

livedoor は従来からinfoseekの検索サービスを提供してきており、今回の infoseek 側のシステム変更に伴い livedoor 側も変更された。ただし、livedoor サイト上に設置されているサーチボックスでは Google/infoseek の選択が行えない仕様になっている。キーワードを入力して検索すると、Google ページ検索の結果が表示される。livedoor から infoseek の検索を行うためには、まず Google で一度検索を行った後に検索結果画面上のタブをクリックして切り替える必要がある。

この仕様は、実質的に livedoor の検索サービスは Google になったことを意味する。

livedoor

http://www.livedoor.com/

infoseek

http://www.infoseek.co.jp/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。