SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

infoseek、検索オプションの名称が変更に

楽天が同社ポータルinfoseek の検索オプションを変更した。

楽天は9月1日の Google との提携を期に、Google 検索と infoseek 検索の2つのページ検索エンジンを採用している。

ユーザーが自由にこの2つの検索エンジンを切り替えられるように、検索ボックスの右側や検索結果オプションタブに「サーチ」「サーチプラス」という名称のオプションボタンを用意していた。「サーチ」がGoogle、「サーチプラス」が infoseek である。

しかしこの名称が現在、それぞれ「Google」「infoseek」という名称に置き換えられている。また検索結果画面上のタブ表示も「Google検索」と「infoseek検索」に。

おそらく、「サーチ」と「サーチプラス」という名称では一般ユーザーはこの2つの違いを理解できず、結局デフォルトオプションであるサーチ=Googleだけを利用してしまう。しかし、名称に検索エンジンの名前を直接反映させることにより、ユーザーに対して「2つの異なる検索エンジンを利用できる」というメッセージを明確に伝えられるようになり、この2つを使いわけるように促すことができると考えての措置ではないでしょうか。

インフォシーク 検索ボックス右側の表示オプション名

検索ボックス右側のオプション。

インフォシーク 検索結果画面上部のオプションタブ名f

検索結果画面上部に設置されたタブ。

infoseek

http://www.infoseek.co.jp/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。