SEMリサーチ

SEMリサーチ

マイクロソフト VS グーグル

Microsoft versus Google? [aardvark]

- Microsoft の検索市場においていかなる戦略をとるべきか、というコラムです。

ライターの方がこの中で提案しているのが

But where does this leave Microsoft? How will they challenge Google's dominance? Well here you go Bill, here's my little contribution to the MS global domination plan -- why not give us an option to list results in order of "most recently updated"?

ということで、Microsoft は検索サービスの付加価値として、検索結果の表示順オプションで「もっとも最近更新されたページ」というのをつけたらどう?と提案をしています。

ニュース系サイトだと、あるトピックについて新しい記事を探す時に時間別並び替えが便利なわけですが、それって Webサーチでもあっても便利だよね、というわけです。確かにそういうオプションがあってもいいですよね。ある特定のテーマについて毎日ウォッチしている場合、日付順で並び替えられると良いです。というか私は欲しいです。

余談ですが、私が数年前(まだ Google がなかった頃)、○日コミュニ○ーションズのライター募集(?)か何かの面接をされた時に、面接担当者から「Yahoo!JAPAN に何か加えるとしたら何の機能を加えるか?」という質問をされて、私は「検索結果を更新順に並び替える機能」と答えたことがあるのです。上の記事と同じ意見をいったわけです。その時の面接担当者の方(編集長)が一言「くだらない」といってくれました(笑)。賛成反対はともかく、くだらないと思うなら何がどうダメだと思うのか意見いえよ、それもできない編集者なのね、と最終的に私からお断りしたことがあるのですが、まぁそれ以来私はその会社は大嫌いなわけです。

Microsoft versus Google? [aardvark]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。