SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

gooを検索サービスでトップにする

「gooを検索サービスでトップにする」   NTT-Xブランドマネジャー、鈴木基久さんに聞く [Mainichi Interactive]

今年4月から gooを運営する「NTT-X」と「NTTブロードバンドイニシアティブ」(NTT-BB)が統合されて新会社「NTTレゾナント」が動き出すのですが、goo の今後の戦略についてのインタビュー記事です。Mainichi Interactive。

この中で

ひたすら各種サービスを集めてポータルサイトを巨大化させるのではなく、まずは検索サービスで勝ち切ることが第一の目標です。(同記事より)

この直前にも「(gooは)司書の役割のフロントエンドに集中しました。」と答えられており、goo は検索サービスにも力を入れていくということですが・・・同じ Google を使っているなら日本語処理を改良している goo の方が機能は上、というのは理屈の上ではその通りです。が、現在のところ(今 Google を使っているユーザーに対して) goo に乗り換えよう、と思わせるほどのインパクトが欠けているのではないかと。Google で情報を探すのと goo で情報を探すことの検索体験に体感でわかる違い、差別化を出してほしいですね。

ちなみに私個人は「PageRankをみたい」→「PageRank を見るのは Googleツールバー」→「ブラウザの上にはいつも検索ボックスがある」→「Googleを使う」ですので、ツールバーが置き換わらないと検索エンジンはスイッチできません。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。