SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

『Googleアルゴリズムは半年毎に変化する』 - Matt Cutts 氏

『Google は定期的にアップデートするのか?』の質問に対して、Google の シニアソフトエンジニア Matt Cutts 氏の回答。WebmasterWorld Publisher's Conference にて。

同氏によると、Google は数え切れないほどのスコアリング技術を毎月試しており、その新しい技術を試験するため Google のアルゴリズムも常に変化するという。また、Google プログラマーが作成したコードが主として利用されるのは6ヶ月ほどで、そのたびにアップデートや改善、改変、改変を繰り返すとしている。

また、他の質問にもそれぞれ次のように答えている。

# は私のコメント

Q:『将来のサーチについて』

A(Matt Cutts 氏):Google の未来は、よりよく文書、ユーザー、そしてクエリーを理解することである。

# これは GoogleGuy も話していることですね。

Q:『Google は政治的理由でWebサイトをインデックスから除去したことはあるか?』

A:我々は政治的理由でサイトを削除することはない。現在ウェブサイトを削除する理由として、法的、商標や著作権がらみの問題、特定URLに対する削除要請、そして検索エンジンスパムが挙げられる。

# 悪徳商法マニアックの事例はどれに当てはまるのか

Q:『OOP (over-optimization penalty) はあるか?』

A:我々は常にアルゴリズムを変更している。もしペナルティーのおそれがあると思うなら過剰最適化はしないことだ。

# Florida Update 以降、一部でOOP (過剰最適化)なる新たなフィルターが設けられたのではないかとの憶測が流れていますが、過剰最適化そのものは以前からスパムとして取り扱われており、これ自体目新しいことではないのでご注意を。SEO-FAQ「OOP (Over Optimization Penalty)」の説明」も参照して下さい。Matt Cutts氏も特に Florida Update 以降に新しく導入されたなどとは話していません。

[Source]

Google Answers User Questions [WebProNews]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。