SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Googleアドセンス広告、レポートの詳細情報などの機能を追加

Googleは18日、コンテンツターゲット広告「アドセンス」のレポート表示機能などの機能強化を行った。

今回新たに追加された新機能は次の4つ。

高度なレポート機能:チャネル

アドセンス広告のレポートがより詳細に表示されるようになった。具体的には「チャネル」と呼ばれる概念が導入され、複数のWebページをこの「チャネル」にまとめることができる。

例えば自動車関連のページ群とオートバイ関連のページ群をそれぞれ別のチャネルに束ねておくと、両者の平均クリック率や収入を比較することが可能になる。また、バナー広告とスカイスクレイパー広告の効果測定を行うなどといったこともできる。

CSV形式でダウンロードできるレポート

アドセンス広告のレポートを CSV形式でダウンロードできる機能が追加された。CSV形式なので他のアプリケーションに読み込むことが可能で、アカウント情報の詳細な分析などに活用できるようになった。

代替広告の色の追加

アドセンス広告レイアウト用コードでの代替広告選択時に、無地一色を選択できる機能が追加された。

フレーム内のアドセンス広告のサポート

フレームを利用しているWebページにアドセンス広告を掲載する場合でも、コンテンツに沿った適切な広告が配信されるようにフレームがサポートされた。管理画面内で. [フレームのページ] の設定を有効にすることで、Googleクローラがフレームページをクロール、適当な広告を配信してくれる。なお、広告レイアウト用コードはコンテンツと同じフレーム内に配置する必要がある。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。