SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Yahoo!パーソナライズドサーチはどう発展していく?

米Yahoo! がベータテストを実施中の Yahoo! Companion Toolbar(以下、Yahoo!ツールバー)。Yahoo!版 PageRank ともいえる、Yahoo! Web Rank が見られるということでインストールしてみた方もいるでしょう。

ところで今回初めて同ツールバーを利用した人は、インストールおよび Yahoo! Web Rank 表示のために 米Yahoo! ID を取得してログインする必要があることに気がついたでしょう。

これが何を意味するのか。

おそらく今後 Yahoo! がパーソナライズドサーチを展開する上で、このツールバーを利用して各々の検索行動履歴をトラッキングしてパーソナライズ化に応用していく可能性がある、ということです。

ベータ版の Yahoo!ツールバーはユーザーが訪問したURLを逐次サーバに送るようになっています。「個人情報とは結びつけない」としていますが、現時点でも Yahoo! Web Rank 表示のためには事前に Yahoo!ログインが必要なのです。

すると、「結びつけない」とはいっても技術的には「結びつける」ことも可能なわけで、この「結びつけ」に同意したユーザーに対してはツールバーを通じて取得する検索行動履歴とプロフィール情報、その他 My Yahoo! の過去のショッピング履歴や RSS 登録状況など多様な情報を組み合わせることによりパーソナライズドサーチの提供を実現することも可能になります。

また、Yahoo! はツールバーをインストールしているユーザーからの情報を収集することでネット上のトレンドや傾向も知ることができます。こういった情報を加味して精度を上げることもできるわけです。

そんなわけで、Yahoo! Web Rank にも注目ですがこのツールバーをどうパーソナライズドサーチに生かすかにも注目です。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。