SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

検索時の30% は過去に訪問したページにアクセスしようとしている

Eurekster Inc.の CEO Grant Ryan氏によると、検索時の30%において、ユーザーは過去に訪れたことがあるWebページにアクセスするために検索エンジンを利用しているそうです。実際、わざわざブラウザのお気に入りを使わないで検索エンジンで何らかの(目的のサイトを上位に表示させられる)キーワードを使うことが多いですから、そんなものでしょう。

Grant Ryan is convinced Internet searches should be more than “one size fits all.”More than 30 percent of the time, people conducting searches online are trying to return to a Web page they’ve already seen, said Ryan, chief executive of Eurekster Inc.,San Francisco. (Startups seek new ways to Google the net / The Detroit News )

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。