SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

欲しい商品を探す時は検索エンジン (54.9%) 〜 ファンコミュニケーションズ調べ

株式会社ファンコミュニケーションズによるオンラインショッピングに関する意識調査で、検索エンジンを利用して商品やサービスを探すユーザーが半数を超えていることが明らかになっています。

同調査によると、過去にオンラインで購入経験があると答えた人に対して、欲しい商品を探す時に一番多い方法を尋ねた結果、「検索エンジンで探す」と答えた人が 54.9%、ついでショッピングモール、オークションと続いています。

ショッピングモールやオークションで探す人も検索エンジンで探す→オークションにたどり着く、場合もあるでしょうから、やはりB2C でも SEO が重要になってくるのですね。

検索エンジンで探す: 54.9%

ショッピングモールで探す: 46.2%

オークションで探す: 35.8%

共同購入で探す: 16.4%

その他: 0.9%

(上記までが複数選択式)

(以下は「その他」と回答した方の中で多かった回答)

メルマガ

本やチラシ広告から

店で現物と価格を見てからネットで探す

メーカーのサイト

従来通販で購入していたものをWEBで発注する

ポイントがたまるサイトで探す

DMで来たものから欲しければ買う

決めた店舗で買う、お気に入り登録している

欲しい商品を探してネットで買うというよりネットで欲しいモノを見つけたら熟慮

の上ネットで買っている。

※数値は回答者サンプル15,298に対するパーセンテージ

(回答者数15,298、のべ回答件数23,601)

◎調査期間

2004年1月28日(水)〜3月31日(水)

◎有効回答数 

18,493サンプル

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。