SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

カナダの検索エンジン利用頻度は米国より高い - Comscore 調査

米comScore Networks が発表した米国とカナダの検索エンジン利用動向に関する調査発表によると、毎月1回以上検索エンジンを利用するユーザーの割合は米国よりカナダの方が高いことが明らかになった。

同調査によると、1ヶ月に1回以上検索エンジンを利用するカナダのネットユーザーの割合は 85% だったのに対して米国のネットユーザーは 73%。また、ユーザー1人当たりの使用頻度を見ても、カナダのユーザーは1人当たり40回に対して米国のユーザーは35回。

この結果について comScore Media Metrix Canada 社長 のBrent Lowe-Bernie氏は「カナダの家庭におけるブロードバンド接続の割合が60%であり、従って検索エンジンを利用する割合も多くなっているためだ」と分析している。

また、カナダ国内の検索エンジンシェアも発表された。

カナダの検索エンジンシェア 2004/04

上の表は2004年4月の利用データを元に算出したもの。米国でのシェアは Google (36%)、Yahoo! (30%)、MSN (16%)、その他 (18%)に対して、カナダでは Google (62%) と Yahoo! の4倍のシェアを占めるという圧倒的なシェアを維持している。

Canadians Are More Active Online Searchers Than Their U.S. Counterparts, According to comScore Networks [Comscore Press Release]

ref.

Overture、カナダ市場へ本格参入 - NetWorldMedia社と提携

世界の検索エンジンシェア、引き続き Google トップ - OneStat.com 調査

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。