SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Yahoo! Mindset - ユーザの検索目的に合わせて検索結果が変化

Yahoo! Mindset

米Yahoo! Research Labsは27日、ユーザの検索意図や目的に応じて検索結果を変化させるYahoo! Mindset (ヤフーマインドセット)のベータ版を公開した。

Yahoo! Mindsetは機械学習技術を利用して検索結果をユーザの検索意図に基づいて並び替えられるサービス。例えば"LCD TV"(液晶テレビ)と検索したとき、ユーザはLCD TVを購入するためにお店を探している場合もあれば、LCD TVに関する情報を探している場合もある。このように目的が”購入”なのか”情報収集”なのかによってユーザが検索結果の上位に表示されることを期待する情報は異なるはずだ。こうした問題を解決するのがYahoo! Mindsetだ。

Yahoo! Mindsetで LCD TVと検索すると、通常のYST検索結果が表示されるが、画面上部にスライドバーが表示される。

Yahoo! Mindset スライドバー

スライドバーは左側は"Shopping"(ショッピング)、右側は "researching" (情報収集、リサーチ)となっている。このバーを左側に移動すると、検索結果は主にユーザの”購入”とう検索目的に相応しい検索結果、つまりLCD TVを取り扱うオンラインストアなどが上位に表示される。もし右側に移動するとLCD TVの情報を得るのにふさわしい検索結果 - つまりLCD TVに関するFAQやLCD TVとプラズマTVとの比較、カタログ情報のページが検索上位に表示される。このように、Yahoo! Mindsetは「購入」と「情報収集」という価値基準を用いて検索結果を並び替えられる。

Yahoo! MindsetのFAQによると、並び替えの判断軸は commercial (購入)とnon-commercial (情報収集)となっており、前者は「何かを販売しているページ」、後者を「検索キーワードに関連する情報を提供しているページ」と定義している。このcommercial と non-commercial のどちらを検索結果に多く含めるかという議論は以前 WebmasterWorld にて GoogleGuy(Google従業員と称される)がGoogleのポリシーについて説明を行ったことがあり、その中で同氏も commercial と non-commercial の検索結果に含むバランスをどのようにとるかは難しいことであると述べたことがある。また、2005年2月にベータ版が公開されたBecome.comはここでいう"non-commercial"に特化した検索エンジンだ。今回のYahoo! Mindsetは検索エンジンが”購入”と”情報収集”のどちらの軸にあわせて検索結果を表示すべきかの判断をユーザに委ねることで検索結果の関連性を高めようとしている。

Yahoo! Mindset

http://mindset.research.yahoo.com/

shoppingに偏ったSERPs

Shopping (=Commercial)に軸をおいた検索結果。上位にはオンラインストアが表示されている。

researchingに偏ったSERPs

Researching (=Non-commercial)に軸をおいた検索結果。上位には商品情報や比較に関するページが。

Yahoo! Mindset - FAQ

http://mindset.research.yahoo.com/faq.php

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。