SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、AdSense広告の適合性強化のためのプログラムを実施

米GoogleがAdSenseで掲載される広告の関連性を高めるためのプログラムをいくつかのパブリッシャーと実施していると米GoogleのAdSenseグループプロダクトマネジャーGokul Rajaram氏がSES 2005 San Joseにて明らかにした。

これを報じたDMNews.comの記事によると、現在のAdSense広告は掲載対象となるWebサイトコンテンツの、ヘッドラインやフォントサイズに基づいて関連性ある広告を決定している。今回Googleが行っている試みは、この適合する広告の判断基準 - 例えばデモグラフィック要因 -だ。

この”基準”はサイトの種類によるという。例えば音楽サイトならば、Googleに対して(この音楽サイトは)主に若い男性に利用されているという情報を送信し、Googleはこの情報を広告配信のために用いるという。

AdSense is testing a program with a few publishers, letting them send more "signals" about their Web site, to better tailor ads. Though AdSense already uses signals based on the content of Web sites, such as headlines and font sizes, to generate ads, this would let advertisers tailor ads based on their users' demographics and other signals, which are yet to be determined. [Google Tests New AdSense, AdWords Formats, DMNews, Aug. 09, 2005]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。