SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google Sitemaps、インタフェースに10言語を追加

米Googleは2005年9月8日、ウェブサイト運営者がGoogleに効率よくウェブページの登録を行うためのツール「Google Sitemaps」に、新たに10言語のインターフェースとヘルプファイルを追加した。今回追加されたのはBrazilian Portuguese、Dutch、French、German、Italian、Korean、Russian、Simplified Chinese、Spanish、Traditional Chineseの10言語。日本語は追加されていない。

Google SitemapsはGoogleクローラ用のXMLで記述されたサイトマップをGoogleに申請することでクローラ(Googlebot)にページの在り処を伝え収集させることができる。Google Sitemapsにより必ずGoogleにインデックスされるという保証が与えられるわけではないが、クローラによる取りこぼしのリスクを防止するために利用されている。Google自身も「ウェブマスターのためのGoogle情報」においてGoogle Sitemapsを紹介している。

Google Sitemaps (beta)

https://www.google.com/webmasters/sitemaps/login?hl=ja

cf.

Google、XMLフィードによるサイト登録「Google Sitemaps」を公開 :: SEM R

MovableTypeで Google Sitemapsを作成する :: SEM R

WordPressでGoogle Sitemapsを作成する :: SEM R

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。