SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

「Googleがホームページに広告掲載」はウソだった

「Googleがホームページに広告の掲載を開始した」と話題になったGoogle.byだが、結末は「google.byはGoogle所有のドメインではない」ということで決着した。

事の発端は、Googleの検索トップページの右側にアドワーズ広告が掲載された、Google.byというサイト。「Googleがホームページにも広告を表示しようとしているのではないか」とブログで話題になった。

しかし、米Google検索製品/ユーザー体験副社長のマリッサ・メイヤー(Marissa Mayer)氏が「(トップページという)ターゲティングできない場所にどうやってターゲット広告が掲載できようか?」と否定、またドメインGoogle.byがGoogle所有のドメインでないことが広報担当David Krane氏により確認された。

米Googleは問題のGoogleのロゴをあしらった偽物のサイトについて調査に入ったという。

Google.by

http://www.google.by/

"We don't believe in untargeted ads, so how are we possibly going to serve a targeted ad on that page?," Mayer said, explaining that someone coming to the Google home page has communicated no information of what they might be interested in. [Revisiting The "No Banners On Google" Declaration, SEW]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。