SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

「AdWords Editor」 - オフラインでアドワーズ広告管理が行えるツールが登場

米Googleが2006年1月24日、オフラインでアドワーズ広告の設定変更できるデスクトップアプリケーション「AdWords Editor(アドワーズエディタ)」のベータ版を公開した。

Google  Adwords EditorはGoogleが提供する無料のアドワーズ広告管理ツール。オンライン上のアドワーズ広告キャンペーン情報をダウンロードしてローカル(オフライン)で編集できる。CPCやキーワード、クリエイティブの追加・変更・削除が可能。ウィザードを用いてバルク変更も可能。ローカルで行った変更はインターネットに接続した際にオンラインに反映される。

AdWords Editorはローカルでキャンペーン情報にアクセスできるため、ストレスなくキャンペーン情報にアクセス可能だ。大規模なキャンペーンもオフラインでまとめて変更してから反映できるため作業効率もあがるだろう。

なお、AdWords Editorは一部のベータテスター向けに公開されており、一般ユーザーが試すことはできない。また、Google Budget Optimizerやコンテンツ入札、サイトターゲティングはサポートされていない。また、キャンペーンの規模によっては全てのキーワードがダウンロードされない場合がある。

AdWords Editor

http://services.google.com/adwordseditor/index.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。