SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

グーグル、AdWords広告に「統計サイト選択機能」を追加

米GoogleがAdWords広告のサイトターゲットの新機能として、性別や年齢、収入情報を基準に広告掲載に相応しいサイトを選び広告を掲載できる「統計サイト選択機能」を追加した。

サイトターゲットはGoogleコンテンツ ネットワークからAdWords広告を掲載するサイトを個別に選択することができるターゲティング広告。統計サイト選択機能はサイトターゲットの広告作成時に「性別」「年齢」「年間世帯収入」を選択すると、その属性のユーザーが集まるサイトリストを表示する。プロパティの選定は米調査会社comScore Media Metrixのデータを用いている。

統計サイト選択機能を利用することで、例えば若い女性を対象としたサーチキャンペーンを展開したい時、18歳から24歳に人気のあるサイトのリストを簡単に作成し、広告掲載手続きが行える。

サイトターゲットの統計サイト選択機能は現在のところターゲット地域に米国を選択した場合のみ機能する。日本国内では利用できない。

統計サイト選択機能とは何ですか。

https://adwords.google.co.jp/support/bin/answer.py?answer=33743&hl=ja

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。