SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google Analytics、JavaScriptコードで不具合発生

米WebmasterWorldフォーラムの報告によると、Googleのアクセス解析サービス「Google Analytics」でアクセス解析データ取得用のJavaScriptコード読み込みに不具合が発生、ロード時間に遅延が出ているようだ。Google Analytics導入サイトではロードに時間がかかるためにページの読み込みが終わらないなどの不具合が出ている。

米Googleはこの不具合を認めており、復旧作業を行っているとのことだ。

message I got back from them:

Thank you for bringing this to our attention. We are aware that many users

have experienced delays in their site due to a new update to the Google

Analytics javascript file. Our engineers are currently working to resolve

this issue. We appreciate your patience in the meantime.

If the issue is not resolved for you by Monday, please feel free to

follow-up on this email, and I can give you an update on when a solution

will be in place [Google Analytics flaky - javascript screwed up, WebmasterWorld]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。