SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米国、2006年1月の検索回数、過去最高に - 米Nielsen//NetRatings調査

米Nielsen//NetRatingsは2006年3月3日、米国の検索エンジン利用動向に関する調査結果を発表した。米国の約60の検索エンジンで2006年1ヶ月に行われた総検索数が57億回に達し、過去1年間で最高を記録。2005年1月比でも39%増となった。

この結果についてNielsen//NetRatingsのチーフアナリストKen Cassar氏は、検索数が増加したのはユーザーが探したいものが見つからなかったからではなく、検索エンジンが生活インフラとして生活に根付いたからだ」と分析している。

同社は先月にも2005年12月の検索数が前年同期比55%増の約51億に達したことを発表している。また2005年12月から2006年1月にかけてはホリデーシーズンという季節要因により12%増にとどまっている。

ONLINE SEARCH HITS ALL-TIME HIGH OF 5.7 BILLION SEARCHES, RISING 39 PERCENT YEAR-OVER-YEAR IN JANUARY 2006, ACCORDING TO NIELSEN//NETRATINGS

http://www.nielsen-netratings.com/pr/pr_060302.pdf

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。