SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

アドワーズ広告、検索クエリによって表示する広告数が変更に

Google AdWordsの公式ブログ「Inside AdWords」によると、今後数週間以内にGoogleアドワーズの広告配信システムが変更になる。

具体的には、検索クエリからユーザーが情報としての広告を望んでいる(つまり、広告のクリック率が高いと想定される検索クエリ)と判断される場合はより多くの広告を表示する一方、広告を望んでいない(つまり、広告のクリック率が低いと想定される検索クエリ)と判断される場合はより少ない広告を表示するようになる。

一般的に検索ユーザーの検索クエリの種類はナビゲーショナルクエリ、インフォメーショナルクエリ、トランザクショナルクエリの3つに分類可能だが、トランザクショナルクエリ(オンラインで何らかの取引を行いたい - 例えばショッピング)は商品やサービスを探索している最中である場合が多いことから広告も情報の1つとして最初にクリックすべき選択肢の1つとしてあがる。一方でナビゲーショナルクエリ(例えば「東京大学」「ソニー」「NHK」など、特定サイトへ到達することを目的とした検索クエリ)は広告自体に興味がない可能性が高い。こうした検索ユーザーの検索意図(インテント)を考慮した広告配信システムに切り替える。

米GoogleのNickは、今回のアドワーズ広告システム変更によりインプレッションやクリック数が低下したと判断される時は、最も重要な検索キーワードが部分一致やフレーズ一致ではなく完全一致で設定されているかどうかを確認してほしいとしている。逆にインプレッションやクリック数が予想外に増加した際は除外キーワードを増やすかターゲットの絞込みを薦めるとしている。

Ads quality and you [Inside AdWords]

http://adwords.blogspot.com/2006/04/ads-quality-and-you.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。