SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

「品質の低い相互リンクサイトは登録せず」 - 米Google Matt Cutts氏

Googleが新データセンターBigdaddy(ビッグダディ)に移行した後、検索エンジンに表示されないと不満を漏らしているウェブマスターがいる。これに対して、米GoogleのMatt Cutts氏が同氏のブログで見解を述べた。その中で同氏は、品質の低いインバウンドリンクやアウトバウンドリンクを多数持つWebサイトがBigdaddyに掲載されない可能性があることを指摘。

検索エンジンスパムとは呼べないが検索品質を維持する上で問題となっている、過度な相互リンクやリンク売買への対応として検索アルゴリズムの改良を図ったものと考えられる。

Indexing timeline [Matt Cutts]

http://www.mattcutts.com/blog/indexing-timeline/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。