SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

APIブリッジ、分析レポートを全自動作成するアクセス解析「WebConductor」を販売開始

ソフトバンク・テクノロジー株式会社の100%子会社・株式会社エーアイピーブリッジは2006年11月21日より、アクセス解析製品「WebConductor(ウェブコンダクター)」の販売を開始する。

WebConductor(ウェブコンダクター)はwebサイトへのアクセス状況を随時モニターし、解析に必要な情報を蓄積、定期的に分析を自動実行して日次、週次、月次レポートを登録されているメールアドレスに自動配信する。パケットを取得してレポート化するキャプチャータイプの製品で、ソフトウェアのインストールを行なうことによりシステムが稼動する仕組みとなっている。携帯用Webサイトの解析にも対応する。

料金は98,000円の月額固定でアクセス数が増えても料金は変わらない。推奨クライアント環境はMicrosoft Windows XP SP2 Professional/Standard、Microsoft Windows 2000、Microsoft Excel 2000/XP/2003、Internet Explorer 6.0 SP2。

ソフトバンク・テクノロジーは米OmnitureのASP型Web分析ツール「SiteCatalyst(サイトカタリスト)」を販売しているが、WebConductorの発売でWeb分析ソリューションのラインアップを拡充する。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。