SEMリサーチ

SEMリサーチ

「HTMLに間違いがあってもクロールに問題なし」 - Google Adam Lasnik氏

米Google検索エバンジェリストのAdam Lasnik氏がGoogle Groupにて、HTMLが正しくなくても(間違っていても)本当にコードが壊れてない限りはクロールしてインデックスに登録できると説明。ただし、Googleが登録したいWebサイトという観点でいえば、品質ガイドラインを遵守してプラットフォームやブラウザを問わずアクセス可能なWebサイトであることが重要であると説明している。

「HTMLが文法的に間違っていると検索エンジンへの登録が不利になるのか?」という疑問を持つ人がいるが、クロール(登録)という点では文法の正確さは問題にならないということだ。

Suggestions & feature requests [Google Groups]

http://groups.google.com/group/Google_Webmaster_Help-Requests/browse_thread/thread/f8890a5cd938074a/dbcd8c8332ac3259?lnk=gst&q=&rnum=15#dbcd8c8332ac3259

cf.

米Google Adam Lasnik氏によるSEO講座 :: SEM R

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。