SEMリサーチ

SEMリサーチ

「検索順位を操作するリンク対策プログラムに参加しないように」 - Google Adam_Lasnik

米GoogleのAdam_LasnikがWebmasterWorldにて、PageRankリーク問題に対する意見として、検索順位を不正に操作することを目的としたリンク対策(相互リンクプログラムなど)に取り組まないことが大切とコメント。

ちなみにPageRankリークの問題はあくまでPageRankの理論上の話であって、実務上気にすることではない。Adam Lasnik氏も多くの高品質のWebサイトは数多くのアウトバウンドリンクを持っていると指摘している。

I wouldn't be particularly concerned about "PR leakage." It's more important to make sure that you aren't engaging in link schemes designed to manipulate your site's ranking. Many top-quality sites feature quite a few (quality) outgoing links, and are appreciated for that by visitors. [Adam_Lasnik, Google, "How to control PR leakage from outbound links", WebmasterWorld]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。