SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

サーチテリア、モバイル検索連動型広告の順位決定ロジックを変更

サーチテリア株式会社は2007年11月1日、広告の掲載順位決定の際に、広告の品質を加味するロジックに変更したと発表した。

これまでサーチテリア広告の掲載順位決定要素は、広告主が設定したクリック単価を基に表示確率を算出し、その確率に応じて掲載順位を決定していた。

今回、そのロジックを変更。クリック単価を基準とした表示確率だけでなく、広告の品質を加味することで良質な広告が上位に掲載されやすくなる。品質の判断は同社が過去に蓄積したノウハウにもとづき、複数の要素を考慮する。

サーチテリアは2004年8月にサービスを開始。2007年9月末現在、提携サイト数350、アカウント数2,800、掲載広告数5万超。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。