SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

MS Live Search、検索結果にディープリンクを表示 - 検索体験の改善目指す

マイクロソフトのLive Searchで「IRS」と検索したところ。ウェブ検索結果画面上に、IRSへのディープリンクが表示されている。

米MicrosoftのLive Search担当プログラムマネジャー・Kemp Petersonは2008年4月22日、Live Search公式ブログにて同検索サービスの新機能の紹介を行った。

新たに追加された機能は、Googleのサイトリンクに相当するもので、一部のサイトの下に複数のリンクを表示する。例えば、Live Search (US)でIRSと検索すると、1位にwww.irs.gov (Internal Revenue Service)が表示されるが、その直下にWhere's My Refund、Forms And Publications、2007 Free File といったコンテンツへのディープリンクが表示される。

Kemp氏によるとユーザーの検索行動に調査したところ、特定のウェブサイトに訪問するために検索(ナビゲーショナルサーチ)した後に、そのまま先の決まった(予測可能な)ページまで移動している傾向があるという。例えば、「NHK」と検索したユーザーはNHKのトップページにとどまるのではなく、そのまま「番組表」をクリックする、といった具合だ。あるいはCBSと検索したユーザーがトップページを素通りしてLate Show with David Lettermanをチェックしにいく。そこで検索結果画面中に閲覧されると予測されうるコンテンツへのディープリンクを表示することで、使い勝手を改善したという。

なお、この機能は Live Search 米国版で確認したが、日本語版は未対応。

Going deep: diving into the site you want [Live Search]

http://blogs.msdn.com/livesearch/archive/2008/04/22/going-deep-diving-into-the-site-you-want.aspx

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。