SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

ヤフー、Yahoo!ショッピングのAPIを公開

ヤフー株式会社は2008年7月22日、インターネットショッピングサービス「Yahoo!ショッピング」のAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェース)を外部に公開する「Yahoo!ショッピングWebサービス」の提供を開始した。

ヤフーは2005年12月から「Yahoo!デベロッパーネットワーク」を通じてYahoo!検索やYahoo!地図、関連検索ワードなど14サービスのAPIを公開してきたが、ここにYahoo!ショッピングのAPIを追加する。ユーザーが独自でYahoo!ショッピングの商品データベースと連携したアプリケーションやコンテンツを作成できるようになる。また、法人向け環境も提供する。

7月22日に公開されたのは、「商品検索API」と「カテゴリランキングAPI」、「カテゴリID取得API」の3つ。商品検索APIは約1,500万商品の中から、キーワードでの商品検索をはじめ、JANコード、ISBNコード、カテゴリ別、製品ID、人物ID、ブランドID、ストアIDでの商品検索を行い、各種データ形式で検索結果及び商品の詳細情報を取得できる。カテゴリランキングAPIは約8,500のカテゴリ別売上ランキングをはじめ、性年代別と週間及び日間の売り上げランキング情報を取得できる。カテゴリID取得APIは最新カテゴリ情報の取得が可能。

8月以降、指定されたURLのコンテンツを解析し、その内容に適合すると思われる商品情報を取得する「コンテンツマッチAPI」、Yahoo!ショッピングの検索ランキング情報を取得できる「検索キーワードランキングAPI」なども順次、追加していく。

Yahoo! JAPAN、Yahoo!ショッピングのAPIを公開 法人・個人向けサービス「Yahoo!ショッピングWebサービス」を開始

http://pr.yahoo.co.jp/release/2008/0722a.html

#

商品検索のAPIって公開されてなかったんですねー 米国はどうなんだろうと調べてみたら、Yahoo! Shopping のAPI 公開は2005年8月でした

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。