SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、ストリートビューを公開 - 360度パノラマ写真で街並みを閲覧可能

Googleは2008年8月5日、360度パノラマ写真で指定した場所の街並みが楽しめるストリートビュー(street view)を公開した。Googleマップから無料で利用することができる。

Googleストリートビューは日本の都市の街や郊外などの道路から見える風景を写真で見ることができるサービス。公開時点で札幌、小樽、函館、仙台、東京、埼玉、千葉、横浜、鎌倉、京都、大阪、神戸の12の主要都市に対応した。ストリートビューは米国で2007年5月に開始済み。日本でもカメラを搭載した車を走らせて撮影してきたという。地図製品担当のプロダクトマネージャー・河合敬一氏によると、たとえば桜がきれいな道は、その季節に撮影するなど、観光などの目的も考慮して撮影時期を選んできたという。

Googleストリートビューは、対応する都市を表示して、Googleマップで「ストリートビュー」を選択した時に青色で塗られた道路でストリートビューが利用できる。表示した風景は、360度回転、拡大、縮小が可能。道路上に表示される矢印をクリックすることで、数メートル移動することもできる。

なお、ストリートビューは撮影時期や時間帯によって、道路に車や人物がいるが、これらはプライバシーに配慮して車のナンバーや人物はボカシが入っている。ただし、ネット上では横浜市の道路で撮影された男子高校生が女子高生とキスしている写真をはじめ色々な写真がネット掲示板などで紹介されている。米国ではストリートビューを巡るプライバシー問題が訴訟まで発展しており、今後日本でも物議を醸しそうだ。

なお、ストリートビューは同日に日本のほか、オーストラリアの複数の都市にも対応した。

Googleマップ(ストリートビュー)

http://maps.google.co.jp/

Google ストリートビュー、日本の主要都市でも始動

http://www.google.co.jp/intl/ja/press/pressrel/20080805.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。