SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

SEOを悪用したブランド侵害が増加傾向 - 米MarkMonitor調査

米MarkMonitorは2009年3月9日、サイバースクワッティングやフィッシングなどによるブランド侵害が2008年も増加傾向だったとのレポートを発表した。

オンラインブランドは、サイバースクワッティングやフィッシングサイト、ペイパークリック広告による不正使用などの標的となりブランドが毀損される。同社が発表したレポート「Brandjacking Index: 2008」によると、サイバースクワッティングは2008年に18%増加し、第4四半期に発生した案件は440,584件。オンラインブランドの悪用が増加している理由として、MarkMonitorは検索エンジン最適化(SEO)を駆使してトラフィックを違法サイトに誘導できるためだと指摘している。

ブランド侵害・不正使用をカテゴリ別に見ると、アパレル、自動車、ハイテクのカテゴリでそれぞれ20%以上のブランド侵害が増加した。

MarkMonitor Year-in-Review Report Finds Online Abuse of Major Brands Was a Growth Industry for Fraudsters in 2008 MarkMonitor Brandjacking Index™ confirms 80 percent of brand abuse sites remain in operation for more than a year and cybersquatting remains the tool of choice for Brandjackers.

http://www.markmonitor.com/pressreleases/pr090309.php

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。